乃木坂欅坂アイテムナビ

乃木坂46と欅坂46の応援サイトです。コスメをメインにメンバー愛用の様々なアイテムの紹介や、乃木坂や欅坂に関するコラムを書いています。

medi8ヘッダ


乃木坂46 伊藤万理華 CD・DVD

【乃木坂46】マルチガールまりか【伊藤万理華】

最近、乃木坂46のまりっか(伊藤万理華ちゃん)の多彩な才能が溢れ出してきています。

本業?のアイドル活動はもちろん、もともと定評のある芸術面でのプロデュースや、関連作品の出演など様々なシーンで活躍の場を広げつつあります。

 

「アイドル&女優」まりっか

メインの活動である乃木坂では、最新の19枚目シングル「いつかできるから今日できる」で待望の「福神(選抜の中でも中心となるメンバー)に抜擢されました。

選抜の常連に定着していたのですが、なかなか福神には手が届かずにいました。

今回は乃木坂の主演映画「あさひなぐ」のタイアップで、まりっかも主要な役どころということもありますが、それでも嬉しかったようです。

盟友のさゆ(井上小百合ちゃん)も一緒に福神ですから、嬉しさもひとしおでしょうね。

 

以前から舞台で演技には定評がありましたが、今回の映画でさらに磨きをかけたのではないでしょうか。

 

もちろん、アイドル活動の方も楽しくやっていますよ。

なーちゃん(西野七瀬ちゃん)の顔が不機嫌に見えるけど、多分そんなことはないはず!

 

アートディレクターまりっか

まりっかのアートセンスは、雑誌「MdN」などで、その片鱗を知ることができ、本人のブログでも趣向を凝らしたファッションや写真をアップしていますね。

それを見るだけでも、他のメンバーとは違うなあと感じます。

今回は、まりっかのアートセンスを惜しみなく発揮した個展が開催されます。

その名も「伊藤万理華の脳内博覧会」!

 

こちらは、まりっかが考えるFASHION、ART、MOVIE、RADIOの展覧会となります。

FASHION、ART、CULTUREにとどまらず鉱物や苔までをも愛し、独自の視点で世界を見つめる伊藤万理華の脳内に迫り、彼女のやりたいことをとことん追求した脳内博覧会です。

乃木坂のネームバリューもあるでしょうが、MdNなどで地道にアートの仕事をこなし、関係者からも注目され、ここまでたどり着いたのでそう!

これはまりっかが一番やりたかったことであろうから、本人は大歓喜のはず!

 

乃木坂云々を別にして、なんか面白そうな展示会になりそうなので、すごく観に行きたいですね!

今回は期間限定で、個展のインスタも開設されているので、こちらをフォローすれば、意外なオフショットや作品が見れそうです。

 


開催は2017年10月5日から15日、入場料が500円です。

これはファンを中心に殺到しそうですね・・・。

また、展覧会限定グッズも販売されますよ。

 

表現者まりっか

こちらはアートに通じるものがあるのですが、クリエイターと組んで、面白い実験映像の撮影が行われました。


不思議ではありますけど、なんか惹きつけられますね。

まりっかは、こういう表現をするのに本当にうってつけの表現者ですね。

(役者とはちょっと違う感じでの褒め言葉です)

 

こちらの映像作品は2017年9月2日にEテレの「テクネ〜〜映像の教室」で放送されたものです。

かなり本格的なものですね。

この作品は相当思い入れが深いようで、まりっかもブログで次のように語っております。

『花枯去影』
時間操作
タイムラプス
ステンドグラスのついたバス
棘に囲われた右足
赤いスニーカーの左足
生花のドレス

最初、ドレスは重くてひとりで歩けないけど
時間が経つに連れて何かから解かれるように
身体が軽くなっていくのを感じる。
枯れていくことに対する
ネガティブな感情は無くなりました。
私の背中を押してくれる、
後押ししてくれる貴重な作品です。

みんなのやりきった顔!
お疲れ様でしたああ

監督 柳沢さん
撮影 岡村さん
照明 上野さん
美術 栗林さん
衣装 酒井さん
音楽 戸波さん
編集 佐々木さん
重力猫でお世話になったスタッフさん再び
ご一緒できてうれしかった、!

制作陣のみなさん
超タフで超かっこよかった!
あの時間を乗り越えられたのは
絶対面白くなるって信じられたからだなあ。
はじめてチームの一員になれてた気がした、

枯れて身軽になって
解放されてバスの外に出た瞬間、
ことばにできない
充実感達成感に溢れました。
何度も味わいたくなる感覚でした。
映像って面白い、奥が深い。

好きだったモリゾーエリア
カメラの死角、、

座席に草が生い茂ってるみたいな
良い違和感。
そして実はこれ、ドレスの裾という、、
この写真一枚だけで素敵。
夢があるよねえ

たくさんの人の目に届いたら嬉しい。
「花枯去影 DECAY / Dress woven by real flowers / 乃木坂46 伊藤万理華」

<2017年9月5日ブログ「プリンシパル。780回目」より一部引用>

 

あまりディープなところまではわかりませんが、この作品を見て、なんかすごい、面白いなあと感じられるだけでもいいのではないでしょうか。

まりっかは、この先、この方面で活躍するのは間違い無いでしょうね。

 

 

今のまりっかは自分がやりたいことを満遍なくできており、充実しているでしょうね。

medi8記事下



おすすめ記事(乃木坂欅坂まとめのまとめ)



-乃木坂46, 伊藤万理華, CD・DVD