【欅坂46】仕上がってきたのに卒業はやはり残念【米谷奈々未】

スポンサーリンク

2018年9月22日に卒業発表をし、刻々とXデーが近づきつつある米さん(米谷奈々未ちゃん)。

それでも、最後にメンバーと写真集を出したり、年末のテレビ番組でパフォーマンスをしたりと、欅坂での活動を全うしています。

 

それまではあまり気にしていなかったのに、最近は米さんのビジュアルがいい感じになっているのですよね。

 

メンバーとまどろんでいるかのような2ショット

最近のもので、1番好きなのはこれかな。

ねる(長濱ねるちゃん)

この2人はいろいろ紆余曲折あって、今では大の仲良し。

きっと卒業してからも交流は続くのでしょうが、寂しいでしょうね。

 

みいちゃん(小池美波ちゃん)

同じ関西圏出身で初期の頃からいろいろ助け合っていたようです。

みいちゃんもやはり特別な感情があるでしょうね。

 

みんな名前に「なな」がつくからななちゃんず!

なーこ(長沢菜々香ちゃん)、オダナナ(織田奈那ちゃん)。

このトリオで、最後にもう1つ何か企画がして欲しかったけど、まだ間に合うかな?

 

もう少ししたら、他のメンバーとのショットも出てくるでしょう。

 

米さん「21人の未完成」の仕上がりも良かった

メンバー全員での「21人の未完成」

米さんもいい仕上がりでした。

 

振り向いた時の表情もいいですね。

卒業が近づいてこれは反則でしょ(笑)

でも、笑顔で撮影できて良かったです。

 

米さんが10,000字インタビューで語ったことにも注目

そして、先日発売された「B.L.T.」では10,000字インタビューが掲載されています。

 

この時点で、まだ読めていないのですが、心優しい米さんのメッセージは心温まる優しいものであるのは容易に想像つきます。

きっとてち(平手友梨奈ちゃん)に向けてのメッセージも気遣うものになっているに違いありません。

 

活動最終日がいつなのかは明確に案内されていませんが、この調子なら紅白もみんなで出演していいパフォーマンスを見せてくれるかもしれません。

 

それにしても惜しい子が卒業してしまいますが、米さん自身の将来が明るくなることを願います。

 

タイトルとURLをコピーしました