【乃木坂46】2018年はきいちゃんの復活が1番印象的だった【北野日奈子】

スポンサーリンク

乃木坂46の2018年というのは、例年にないぐらい卒業が続いた年でありました。

生駒ちゃん(生駒里奈ちゃん)から始まり、なーちゃん(西野七瀬ちゃん)となんと8名も。

そして3期生の躍進と4期生の加入決定。

間違いなく乃木坂46にとって2018年は大きな転換点となった1年でした。

 

でも個人的には、2018年の乃木坂で1番印象的だったのはきいちゃん(北野日奈子ちゃん)の完全復活です。

 

12月のアンダーライブでセンターに立つきいちゃんを見て復活を確信

きいちゃんは3月に配信された「乃木坂46時間テレビ」で久々に姿を現してくれました。

その後は少しお休みしていましたが、真夏の全国ツアーに参加して活動再開となりました。

その後発売されたシングルではアンダーメンバーとして活躍し、22枚目シングルではアンダー曲のセンターに!

復活当初はちょっと疲れ気味に見えていたきいちゃんでしたが、その後は徐々に慣れてきたようでした。

 

そして12月のアンダーライブでセンターの重責をきっちり果たしました。

このライブは外からの評価もよく、きいちゃんも絶賛されていました。

 

このライブを最後まで通したことで、もうきいちゃんは大丈夫だろうと確信しました。

歌番組にもサポートメンバーとして入るようになり、ほぼ休養前の状態まで戻ったと思って良いでしょう。

 

何と言ってもきいちゃんソロ写真集「空気の色」の発売は大きい!

そして、きいちゃん自身も嬉しかったであろう待望のソロ写真集も発売されました。

前々から出すという噂があったのですが、途中休養もあったのでようやくといった感じでした。

 

この写真集では今までに見せたことのないランジェリーや水着のショットにもチャレンジして、成長したきいちゃんを見ることができました。

 

無邪気だったきいちゃんの別に一面を見ることができた作品でした。

最近公開されたオフショットではこれが好きです。

 

2019年は一皮向けたきいちゃんが本領を発揮するだろう

2018年の終盤にドーンと写真集を発売したことで、きいちゃんも1つのターニングポイントを迎えたことでしょう。

先日のSHOWROOMでは、涙を見せることもありましたが、間違いなく成長したきいちゃんがそこにいました。

 

これからも大変なことはあるでしょうが、もう大丈夫でしょう。

今のきいちゃんならきっと乗り越えることができるでしょう。

 

支えてくれるメンバーもたくさんいますしね。

 

2019年は、間違いなく一回り大きくなった乃木坂46のきいちゃんが見られることでしょう!