【日向坂46】「けやき坂」から「日向坂」へ!いい名前でよかった!

スポンサーリンク

2月11日は、けやき坂46(ひらがなけやき)改め「日向坂46」にとってはすごい大事な日になりましたね。

前日に重大発表があるという告知があり、何だろうとワクワクしていました。

 

まあ、全員ではないので過度に期待してはいけないなと思いながらも当日楽しみにしていました。

そうしたら、予想以上に色々なことが発表されましたね。

 

2019年3月27日、日向坂46デビューシングル発売決定!

今回の配信では5つの大事なお知らせがあると、まず発表がありました。

1つ目から、いきなりデビューシングルの発表でした。

1発目がそれなのと?

結構びっくりしたファンは多かったでしょう。

 

今回、発表された5つのお知らせというのは、

  1. 2019年3月27日にデビューシングル発売
  2. デビューシングルでメチャカリとのタイアップ
  3. 3月5日、6日に横浜アリーナでデビューカウントライブ開催
  4. 専用のWebサイトと公式twitter開設
  5. ライブチケット先行予約決定

 

 

単独シングルは、そう遅くない時期に出すだろうと思っていたので、そう驚きではないのですが、タイアップとかライブは意外でした。

特に横浜アリーナのライブはすごいですね!

武道館に実績があるから横アリもいけると踏んだのですね。

 

これでも十分だったのですが、まさかこの後に最大のサプライズがあったとは!

 

やっぱり改名!「日向坂46」にした理由は?

個人的には、改名して欲しいと思っていたのですが、ここで発表するとは思っていませんでした。

どんな名前になるのかと思ったら「日向坂46(ひなたざかフォーティーシックス)」でした。

これを聞いたときは、あ〜似合ってる名前だと納得しました。

メンバーもかなり大喜びしていましたね。

表立って言えなかったのでしょうが、やはり引っかかるところはあったのですね。

 

ところで「日向坂46」の名前の由来はどこから来たのでしょうか?

こちらの記事によると、次のようなことでした。

 

  • 改名するにあたり秋元康氏は実在する坂の名前をつけたいと要望
  • 東京港区三田に「日向坂(ひゅうがざか)」という坂がある
  • 読み方をどうするか悩んだが、ひらがなの画数が運勢的に良いので決めた

 

ということです。

日向坂の場所はこちら。

すでに聖地巡礼しているファンがいるそうです。

 

改名するにあたっては、多分トレードマークになっていた「ヒ」のポーズを使えるように、「ひ」で始まる坂を探したのではないでしょうが。

そして見つかったのが「日向坂」。

日に照らされて暖かなイメージもこのグループらしくピッタリですね。

 

改名については、いろいろ賛否両論あるでしょうけど、メンバーが1番喜んでいるし、ようやく独り立ちできるという意味でもよかったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

デビューシングル発売日まで盛り上がりそうな雰囲気

今回の「日向坂46」の改名はすごいニュースになりましたね。

Twitterのトレンドにはなるし、yahoo!ニュースのトップに載るし。

 

これからデビューまで話題は続きそうですね。

まずはデビューシングルがどんな曲になるのかが楽しみです!

 

【関連記事】