【乃木坂46】さゆはいつの間にか女優の顔になりつつある【井上小百合】

スポンサーリンク

自分は将来、演技の方で頑張ると覚悟を決めたのでしょうね。

さゆ(井上小百合ちゃん)を見ていると、顔つきも変わってきましたね。

 

もう大人で女優の顔をしています。

 

さゆは「愛のレキシアター」にどっぷり浸かったねぇ

2018年の終わり頃に、ラジオレギュラーをしていた「らじらー」を卒業して、舞台一本に集中することを決めたさゆ。

その第一歩となったのが「愛のレキシアター」です。

 

実力派俳優が多く出ている中、さゆも渾身の演技で頑張っていました。

コミュニケーションも上手く撮れていたようで、オフショットもたくさん出ています。

 

おそらく、この舞台でかなり自信をつけたのかもしれませんね。

 

さゆは「若草物語」にも挑戦

そして、すでに次の舞台の準備も進んでいます。

 

レキシアターとはまた違う雰囲気ですので、ここでも結果を出せば、女優としてのさらに経験が積めますね。

 

さゆの乃木坂での活動は・・・

2019年に入ってから舞台活動が目立つのですが、一応乃木坂の活動もきっちりしています。

やはりメンバーと一緒にいると、落ち着くのか、アイドルの顔になりますね。

 

でも、もうさゆの中では、これからどう進んでいこうかは固まっているのじゃないかなと薄々感じます。

もちろんこのまま乃木坂の活動を続けるメリットはまだまだあるので、タイミングは難しいですけど、その辺もきっと考えているのかなと。

 

それでも、もう少し乃木坂で楽しんでいるさゆが見たいなというのがファンの希望なのかなと。

 

 

写真集も出したばかりですし、もう少しだけ。

 

タイトルとURLをコピーしました