【乃木坂46】快挙!葉月が舞台「コジコジ」の主役に抜擢【向井葉月】

スポンサーリンク

実は、これが今年(2019年)に入って乃木坂関係で一番衝撃的な話題じゃないかと思います。

 

葉月は先日も将棋フォーカスの司会をかりんちゃん(伊藤かりんちゃん)から引き継ぐなど個人での仕事も多くなり、これから密かに活躍を期待していた一人です。

それが、まさかこんな注目される舞台に主役とは・・・。

 

「コジコジ」のレベルなら乃木坂だからと言う理由で葉月を抜擢はしないだろう

twitterのタイムラインをみてたら、いきなりこんなのが飛び込んできましたからね。

 

コジコジがどんなストーリーなのか知っているならば、これを舞台にするのがどれだけ困難か想像はつくでしょう。

完全に奇想天外であり、シュールな世界で内容は半分も理解できないかもしれません。

 

作者は「ちびまる子ちゃん」のさくらももこ先生。

ちびまる子ちゃんみたいな世界を想像していたら、その価値観が正反対で衝撃を受けるかもしれません。

個人的にはコジコジこそ、さくらももこ先生の本領を発揮している作品だと思っています。

コジコジを知らずしてさくらももこを語ってはいけないでしょう。

 

それゆえにコジコジを推すコアなさくらももこファンも多く、舞台化するとなると変なことはできません。

舞台に興味がなくとも、さくらももこのコジコジと言うだけで嫌が上にも注目は集まります。

yahoo!ニュースでも取り上げられたぐらいです。

 

コジコジに葉月が選ばれて変な空気になったけど、実は結構すごいことじゃないか

コジコジを舞台化すると言うだけでも驚きがあるのに、その主役が乃木坂の葉月が選ばれたの言うのはかなりすごいサプライズです。

乃木坂の中でも個性的である葉月なので、コジコジみたいなシュールな役にピッタリと一部では笑いに近いような受け取り方もあったようですが、とんでもない!

先ほども言った通り、コジコジを舞台化するとなると、相当クオリティの高いものを求められますので、乃木坂だからって理由で選ぶことはないでしょう。

当然、葉月の実力を見越して選んだのは言うまでもありません。

それにしても葉月、とんでもない大抜擢です。

 

それにコジコジをやるとなると、相当役作りは難しいのではないでしょうか。

あんなつかみどころのない主人公、演じる方は大変でしょうね。

もしかすると葉月にとっては大変な試練かもしれませんが、これをやりきったら自信になるし、今後につながるでしょう。

 

もしかすると、乃木坂の他のメンバーは羨ましがっているかもしれません。

役者としてはやりがいのある役ですから、もしかするとさゆ(井上小百合ちゃん)や純奈(伊藤純奈ちゃん)など舞台を頑張っているメンバーは条件が合えばやりたかっただろうなと思います。

 

舞台を見る前にコジコジの世界を知っておこう

もし、コジコジを見たことがないと言うならば、YouTubeでコジコジの公式チャンネルが開設されています。

 

もしかすると、すごい衝撃を受けるかも(笑)

 

これ以外には単行本も出ておりますし、DVD化もされています。

 

あと、個人的にはアニメのエンディングである電気グルーヴの「ポケットカウボーイ」を採用して欲しいです。

(どんな曲かはこちらをどうぞ)

この曲がコジコジのシュールさをより引き立てています。

あの件さえなけれなすんなり使えそうなのですが・・・、BGMだけでもいいのでどこかで流して欲しいですね。

 

とにかく葉月にとっては大チャンス!

これで舞台女優として目覚めるかもしれませんね。

早くコジコジに変身したビジュアルをみたいですね!

 

タイトルとURLをコピーしました