【日向坂46】まなもちゃんが最近読んだ本を並べてみると【宮田愛萌】

スポンサーリンク

日向坂の中では生粋のぶりっ子(キャラではなくもって生まれたもの)であるまなもちゃん(宮田愛萌ちゃん)。

ぶりっ子や握手会などでの釣り師ぶりが目立ちますが、実は結構な読書好きでもあります。

ブログでも、よく自分が読んだ本を紹介し、簡単なレビューもしていますね。

 

直近のブログでまなもちゃんが紹介した本を並べてみると

2019年3月〜4月のまなもちゃんブログから、実際に紹介された本を並べてみました。

(写真集や漫画は除く)

 

  • 阿部智里さんの『弥栄の烏』『黄金の烏』『玉依姫』『空棺の烏』『烏は主を選ばない』
  • 宮木あや子さんの『校閲ガール』『校閲ガール ア・ラ・モード』
  • 坂木司さんの『女子的生活』
  • 藤野恵美さんの『わたしの恋人』
  • 彩瀬まるさんの『不在』『やがて海へと届く』
  • 江國香織さんの『ぬるい眠り』
  • 斉木久美子さんの『かげきしょうじょ‼︎』
  • 佐藤青南さんの『たとえば、君という裏切り』
  • 誉田哲也さんの『プラージュ』

 

まあ、いっぱい読むこと・・・。

 

これらの作家さんの特徴は・・・、わかりません(笑)

この手のジャンルはあまり読まないので何とも言えませんが、多分まなもちゃんの好みなのでしょう。

 

その中でも注目は阿部智里さんの作品。

この中の「八咫烏シリーズ」と言われているものは、古代日本の神話を題材にしており、万葉集や源氏物語が好きなまなもちゃんには刺さったのかもしれませんね。

 

そして、誉田哲也さんはサインまでもらっています。

(誉田哲也さんは欅坂のファンで有名らしい)

嬉しそうなまなもちゃん。

 

もし握手会とかで、まなもちゃんと本について語り合いたいならば、阿部智里さんの八咫烏シリーズを押さえておけば間違いなさそうです。

レビューなどをみると評価は半々に分かれますが、結構すぐに読めるようです。

 

誕生日をお祝いしてもらう愛萌ちゃん

4月28日はまなもちゃんの誕生日。

1日違いの27日のこのちゃん(松田好花ちゃん)と共にメンバーにお祝いしてもらいました。

いやあ、楽しそうですね。

 

メンバーみんなから愛されるまなもちゃん。

 

さあ、これからの1年で日向坂も大きくなり、まなもちゃんにも注目が集まるかもしれませんね。

本のイベントとかに呼ばれたらいいですね。

 

(おまけ)まなもちゃんのさりげない釣り

最後にちょっとおまけ。

ちょっとセクシーにキメたまなもちゃん。

さりげなく膝を出しているのが何とも・・・。

釣ってますね〜。

(個人的に好きなオフショットです)

 

タイトルとURLをコピーしました