【欅坂46】令和の時代の欅坂もやはりキーマンはてち【平手友梨奈】

スポンサーリンク

ちょうどタイミング的に、この記事が平成最後の投稿になります。

平成最後を飾るのにふさわしいのは誰なのかなと考えた結果、やはりこの子しかいませんでした。

てち(平手友梨奈ちゃん)!

 

良くも悪くも今の欅坂のスタイルの中心となった子です。

逆に言えば、てちなしでは乃木坂や他のアイドルグループとの差別化ができず、成功しなかったかもしれません。

 

最近の登場雑誌も本格的な物が多い

今のてちはアイドルと言うより、アーティストといった方が正解でしょう。

もちろん欅坂にアイドル性も求めたいファンもいるでしょうけど、今のスタイルが好きでファンになった層も多いはずです。

そのため、てちは最近ではアイドル誌やファッション誌に出ることは滅多になく、本格的な音楽誌誌などで見かけることが多いです。

 

まあ、今更キャピキャピしたアイドルに戻れと言うのも酷なので、てちはこのスタイルでいいのです。

欅坂のアイドル性は他のメンバーや姉妹グループの日向坂に委ねればいいでしょう。

それでうまく住み分けできていますし、メンバー同士は今でも仲良く交流していますから、いがみ合うことなく、仲良くいきましょう。

 

「SCHOOL OF LOCK!」ではいつも通りのてち

現在、唯一のラジオレギュラーでもある「SCHOOL OF LOCK!」では元気な姿をみせています。

 

まあ、この番組は悩める中高生向けなので、てちにとってもちょうど良い距離感でやることができるのかなと思います。

しばらくは学生の優しい味方として、もう少ししたら頼りになるお姉さんになるのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

令和で欅坂がハネるためには、やはりてちにかかっている

さて、平成の終わりに登場して、今までにないアイドル像を作り上げた欅坂46。

その中心にいたのは、てちでした。

途中、不安定な時期もあり心配されましたが、一皮むけて今では明るい姿もみせてくれるようになりました。

これは、周りで支えるメンバーがあってのことですね。

メンバーも今の欅坂がてち中心に回っているのは十分認識した上で頑張っています。

それを受け入れつつ、さらにそこから各メンバーが個性を出せるようになってくるでしょう。

 

何れにしても欅坂が成功したのは、今のスタイルが時代のニーズにはまり受け入れられたからです。

平成も終わり令和になりますが、しばらくは今のスタイルを継続しつつも、そこからどう発展させていくのかに注目です。

 

てちに関しては、欅坂内で収まりくらないぐらい大きくなり、もう独立してしまうかなと言う懸念もありましたが、本人的にはまだまだ欅での活動を全うしたいようですね。

きっとメンバーとも話し合いを何度も重ね、進むべき道は一致しているはず。

これからどんな進化を見せるか、期待して待ちましょう。

こんな猫耳つけて楽しむてちも悪くないですけど、ステージで憑依する姿はやはり圧巻です。

あれは誰にもできるものではないので、それを生かしてトコトン突き進んで欲しいです。

 

タイトルとURLをコピーしました