【日向坂46】ひなののソロ曲がすごいことになっている【上村ひなの】

スポンサーリンク

日向坂46の改名前のひらがなけやきにたった1人の3期生として加入。

その後は予想以上の活躍をみせ、今や日向坂の中でも注目の的となっているひなのちゃん(上村ひなのちゃん)

3枚目のシングルに収録される1曲で、まさかのソロ曲を任されることになりました。

どんなものになるのかなと思ったら、予想以上に結果にファンも衝撃を受けたようです。

 

スポンサーリンク

MVも完成!ひなののソロ曲「一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない」

「一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない」

康氏が時々やる悪癖が出てしまい不安も漂ってきましたが、蓋を開けてみると曲そのものの出来はよく安心しました。

そして何よりびっくりしたのは、ひなのの声!

まさかあんな歌い方をする子だったのかと驚いた方も多かったのでは?

初めて解禁されたのがラジオ番組「ゆうがたパラダイス」

そして、MVも公開されました。

MVは学生でありアイドルですね。

そして歌声のギャップがすごい!

これならたった1人だけ日向坂に入ってきたのも納得ですね。

 

日向坂46写真集「立ち漕ぎ」でも印象的だったひなの

少し前に発売された日向坂46のファースト写真集「立ち漕ぎ」。

ひなのも元気よく参加していました。

沖縄でのオフショットもいい感じですね。

 

発売のイベントに参加した時に、先輩のお姉さんたちにいじられるひなの(笑)

和気藹々としていてほのぼのしますね。

 

ひなののオフショットなど

おしまいに少しオフショットを。

表情は安定したりしなかったりですが、ハマった時はいい感じになります。

 

ザンビにもしっかり参加して、楽しそうにしていました。

 

ソロ曲で、ポテンシャルの片鱗を見せたひなの。

これでまだ15歳(2019年9月現在)。

これからどうなるのか、想像もつかないですが、日向坂46の中心メンバーとして活躍するのは間違い無いでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました