【欅坂46】最近はイヤモニをつけるようになったみたい

スポンサーリンク

多分2016年の12月ごろから、欅ちゃんもイベントやライブで耳にイヤモニ(イヤーモニター)をつけるようになりましたね。

12月に初ワンマンライブも控えていたので、それに合わせて全員作ったのでしょうね。

(乃木坂ちゃんは随分前からつけているのを見かけるようになりました)

 

イヤモニと欅ちゃん

そういうことから、ブログなどでも欅ちゃんのメンバーがイヤモニをつけたり首にかけている画像をアップしていますね。

 

これでも一部ですが、全体的にひらがなちゃんの画像が多めです。

 

多分、菅井様と長沢くんが持っているのが、イヤモニ本体を格納する箱なんですね。

 

そもそもイヤモニは何で使うのか?

最近ではミュージシャンがイヤモニをつけてパフォーマンスをしているのを当たり前のように目にしますね。

中にはデコレーションしてキラキラのものをつけている人もいたりしていますね。

 

と、そもそもイヤモニ(イヤーモニター)はなぜつけているのかという素朴な疑問が湧き上がると思います。

そこから何かしらの音が流れているのはわかるのですが・・・。

 

通常、会場やスタジオで演奏をする場合は、設置させているスピーカーや楽器そのものから音が出るので、それに合わせて歌えばいいと思いますよね。

しかし、会場によっては、スピーカなどによる音の残響、観衆の声援、ステージ上での移動などにより演者自身がはっきりと音が聞こえなかったり、ハウリングや音ズレの問題を解消するために使われております。

 

また、最近のライブ演奏はコンピューターで制御されており、その演奏音のテンポを一定化させるためのテンポ信号(リズムマシンやメトロノーム的な使い方)を流すケースもあります。

 

それ以外には、舞台進行上の連絡事項伝達にも使われております。

(あと、テレビのニュースやワイドショーでアナウンサーやキャスターなど耳につけ、後ろに線が伸びているのを見たことがあるのではないでしょうか。)

 

イヤモニはオーダーメイド品なのです

イヤモニはもちろんピンからキリまでありますが、ミュージシャンが使うものは、パフォーマンス中に外れたりすることがないよう、安定感が必要ですので、基本的にはオーダーメイドで作られることが多いです。

(有名なのはcanal worksですね。)

 

実際にこんな感じで作っています。

 

う〜ん、しっかり耳で型取りするので、これは世界に1つだけのイヤモニということになりますね。

 

ねる(長濱ねるちゃん)も、作る過程が楽しかったのか、記念撮影をしていました(笑)

 

一般的なイヤホンとしてはカナル型イヤホンが近いタイプですね。

<amazonはこちら>

<楽天はこちら>

 

今後は、いろいろなイベントでイヤモニをつけた姿が見られそうですね。

そのうち、もな(志田愛佳ちゃん)あたりがイヤモニをデコレーションしそうな気がします。