【乃木坂46】小室哲哉作曲「Routo246」はちょっと手を加えすぎた気がする

スポンサーリンク

小室哲哉さんが引退を撤回した後に復帰作として作ったのが、乃木坂46の配信限定シングル。

小室という名前が出るだけで話題になるのですから、いまだに影響力が強いのですね。

実際に配信が開始され、様々なところで曲の感想が上がっております。

ほとんどは絶賛するコメントばかりですが、個人的には色々引っかかる点もあります。

今回は小室哲哉作曲の乃木坂46の新曲「Route246」の正直な感想を。

 

スポンサーリンク

小室哲哉作曲「Route246」の正直な感想

 

ニュースとして発表されてから1週間足らずで配信リリースされた新曲。

これで「ルート ツーフォーティーシックス」と読みます。

乃木坂の46を生かした形で読ませたのですね。

246というのはいうまでもなく国道246号線、(場所としての)乃木坂を直接通っていないですが、近くを通っています。

港区内では「青山通り」と言った方が分かりやすいかもしれません。

 

さて、曲の方ですが、見事に小室サウンドが再現されていますね。

これで小室が復活したという声も多いのですが、いくつか気になる点もあります。

 

  • 小室自身の特徴を出そうとするあまり転調が多すぎ
  • EDMのクセガ強すぎ
  • そのため、曲がくどい
  • 小室サウンドだと乃木坂メンバーの声が細ずぎる
  • 秋元康の歌詞(WowWowの連呼)のせいで曲の世界観をぶち壊している

 

小室の曲の良さを出すのであれば、もう少しアレンジはシンプルな方がよかったです。

ちょっと小室さん、張り切りすぎたようです。

 

そして、乃木坂メンバーの歌、下手ではないのですが、線が細いというは音に負けていますね。

これならいくちゃん(生田絵梨花ちゃん)と久保ちゃん(久保史緒里ちゃん)、あとは純奈(石田一成ちゃん)を歌に専念させた方が良いかもしれません。

(要はEXILE方式)

 

そして康氏の歌詞、もうあえてダサくしてファンなどの炎上を狙うような手法はやめた方がいいですね。

Wowばっかりだねと、よくも悪くも話題になりますが、これだと小室さんはもちろん、乃木坂のメンバーも変な評価を受けて可哀想です。

康氏も歳を取りすぎてしまった、そして裸の王様になって誰の言うことも耳に入らなくなってしまったのかな・・・。

歌詞も絶対に小室さんに書いてもらった方がよかったです。

スポンサーリンク

早くもMステで「Route246」を披露

色々な感想が出ている中、Route246がMステで披露されました。

ダンスは曲にあっていましたね。

今後、歌番組で披露する機会はあるのか?

スポンサーリンク

 

冗談抜きでDJKOO氏のミックスで聴いてみたい

色々引っかかる点も多い、乃木坂のRoute246ですが、この人は小室さんが復活したこともあり、大喜びでした。

 

DJKOOさんはしゃいでいますね。

そして後ろでDJやりたいと!

もしかするとKOOさんのアレンジで曲がかよくなる可能性もあるので、冗談抜きでやって欲しいですね。

どんな風になるか結構楽しみです。

 

小室哲哉と秋元康のタッグで思い出したのですが、小室さんは以前にAKBの派生グループ(DIVA)でも曲を手掛けているのです。

こちらは作詞作曲とも小室さん。

シングルのカップリングだったのですが、当時はこちらの方がよかったと言う声もあるほど完成度が高い曲です。

個人的にもこっちの方が小室さんらしさが出ていますね。

Route246に比べるとシンプルで大人しめですが、これでも十分小室サウンドと分かります。

乃木坂もこんな感じの曲でよかったのに。

 

でも、まだ1回目ですので、Route246がヒットしたら第2段があるかもしれません。

その時は作詞も小室さんにやって欲しいですね。