【乃木坂46】17thではリズムちゃんも久々の選抜復帰!【斉藤優里】

先日発表された乃木坂ちゃんの17枚目シングルの選抜メンバー発表、様々なドラマがありましたね。

細かい部分はひなちま久々の選抜復帰の記事で触れましたので、細かいことはここでは触れません。

 

今回はひなちまと同じく、久々の選抜復帰を果たしたゆったん(斉藤優里ちゃん)に注目です。

 

ゆったん、又の名をリズムちゃん!

スクールカーストの覇者の称号も持ちます(笑)

(※「リズムちゃん」とは…楽屋であわてんぼうのサンタクロースの歌詞の中の1部「鳴らしておくれよ〜鐘を〜」の部分を足と手を使ってリズムをとりつつ歌うというものなのですが、それが全く出来なくて伊藤純奈にちゃんに「リズム」というあだ名をつけられたことからが由来です。そして裏拍が取れないこともおに魂でバラされ、何かあるたびに裏拍をさせるのがお約束になっております。)

 

スポンサーリンク

「脱」夏女!

17thシングルの選抜メンバーは過去最大の21名ということだったのですが、正直なところ、ゆったんが入るとは思ってもいませんでした。

(ひなちまとかなりん、蘭世は入るだろうとは思っており、残りは2期生から誰か1人かと予想していました。)

 

ゆったんといえば、夏曲で選抜に選べれることが多いので「夏女」の称号も持っておりました。

(夏女と聞くと、新日本プロレスのG1クライマックスで無類の強さを見せ、夏男の称号を持つ蝶野正洋さんの名前が浮かんでしまいます。)

しかし、今回は春先の曲(卒業・入学シーズン)なので、そのジンクスを覆したことになります。

 

もともと初期は選抜によく入っていたメンバーだったのですが、いつのまにか夏だけ活躍していました。

 

最近のアンダーでの活動を見ていると、それほど悲壮感もなく、選抜にはこだわっていなかったのかなと感じることもありました。

 

しかし、発表後のインタビューを聞いたら、そんなことはなく、やはり選抜への野望は失っていなかったようです。

さらには今の乃木坂に新しい風を吹かせる存在になるとやる気満々です!

(でもフレッシュさは厳しいかもと思ったのは、ここだけの話です・・・)

 

外仕事ではコンスタントに活躍をしている

グループ内ではアンダーでの活動が多いのですが、外仕事に目を向けると、むしろ精力的に活躍しています。

ラジオではNACK5の「おに魂」で2013年4月からレギュラーを続けており、もうすぐ4年になります。

これはメンバーの中で最も長いです。

 

もともと乃木坂ちゃんの中では珍しくおしゃべりでポジティブな性格なので、この番組はよほど肌にあったのでしょうね。

バカボン鬼塚さんに育てられながら、パーソナリティーとしても成長し、自信もつけたことでしょう。

 

また、舞台でも活躍しており、昨年も乃木坂メンバーと出演した「墓場、女子高生」でも見事な演技を披露しておりました。

 

このように、外仕事での活動が認められたことも、今回の選抜につながったのでしょうね。

 

突然の「おに魂」終了!

ゆったんの久々の選抜復帰は、おに魂内でも盛大に祝福され、ゆったん本人も感謝のメッセージを伝えておりました。

 

相当嬉しかったのか、番組中は終始ご機嫌で、いつもはあまり乗り気ではないキャバ嬢コールもウキウキしながらやっていました(笑)

<キャバ嬢コールとは、もともとはテニス部に所属していたゆったんが試合中の掛け声「ナイスサーブ!ナイスショット!もう一本!」が由来、そのあとに現パートナーのHappyだんばら氏ときっくんが「飲〜んで飲んで飲んで・・・」と続きます。もともとは乃木坂工事中で披露してキャバクラ嬢みたいといじられ、それがおに魂でもバラされ、お約束化してしまったのである、>

 

そんな、楽しい雰囲気でおに魂も続くのかと思ったら、なんとおに魂が2017年3月いっぱいで終了するという衝撃のニュースが入ってきました!

 

これはメインパーソナリティーのバカボン鬼塚さんの家庭の事情によるもので、生放送を続けることができなくなり、番組を外れることによるものです。

同時にパートナーのきっくん(菊池さん)もパーソナリティーを外れ、裏方に専念するそうです。

 

おに魂の名前の由来であるバカボンさんがいなくなってしまうので、おに魂は一旦ここで幕引きをすることになりました。

 

そして、2017年4月からはメンバーはそのままに番組をリニューアルすることになりました。

 

と、いうことで、ゆったんは引き続きラジオのレギュラーを続けることにはなるのですが、長年一緒にやってきたバカボンさんがいなくなるのは、やはり寂しいです。

おに魂の面白さは、やはりバカボンさんの喋りあってのものだったので、それが失われるのは虚脱感がありますね。

 

とはいえ、ゆったんが居なくなるわけではないので、引き続き新番組も応援していきたいと思っております。

 

<amazonはこちら>

<楽天はこちら>

 

何れにしても、ゆったんが久しぶりにテレビでたくさん見ることができますので、楽しみにしたいと思います!