【乃木坂46】ジョンソンが本当に引き寄せたいものは?【能條愛未】

スポンサーリンク

乃木坂ちゃんの中でも、ある意味目立ってしまうジョーさんこと能條愛未ちゃん、またの名をジョンソンとか肉団子骨太郎とかアイドルらしからぬあだ名をつけられてしまい、いじられキャラが定着していますね。

まあ、本人はどう思っているのかはわかりませぬが、個人的にはとても好きなキャラなので、苦難にめげずに活躍もらいたいと思っています。

ジョーさんは、小さいころから舞台経験があることから、歌もうまく、演技にも定評があるのですが、やはり注目されるのはバラエティ番組で時々かますホームラン(笑)です。

これがあるから、いつもジョーさんには期待をしてしまうんですよね。

傑作エピソードはいろいろあるのですが、引き寄せの話は最高でした。

 

スポンサーリンク

本の紹介で「ザ・シークレット」の引き寄せの法則を熱弁!

それは2014年10月19日の「乃木坂って、どこ?」で「乃木坂POP女王決定戦!」という企画で、メンバーが選んだオススメの本を書店にあるPOPを自分で書いてプレゼンするという企画でした。

 

この手の企画は、決してお勉強が得意とはいえないジョーさんにはかなり不利と思われる内容なのですが、見事に期待を裏切ってくれました!

紹介した本は「ザ・シークレット」、一時期よく売れましたね。

この本からジョーさんは考え方が180度変わるんですと、「引き寄せの法則」について説明を始めました。

 

このジョーさん、可愛いですね、時々こういうコンディションの良い時もあるんですよね。

 

能條版「引き寄せの法則とは」

さあ、熱弁は続きます。

このプレゼンでジョーさんが説明した「引き寄せの法則」は次のような感じです。

 

POPのキャッチフレーズ

『これは…やばい。「引き寄せの法則」はあなたを救います』

 

<説明の概要>

・いいイメージとか思考には特定の周波数があるらしい

・それをまず宇宙に放射する

・「類は友を呼ぶ」という言葉の如く、その似た周波数のものが宇宙から戻ってくるらしい。

・想いを宇宙に放射すると、それと似た周波数のものが自分に戻ってくる。

・それをやれば、なんでも自分の思い通りに人生は上手くいくらしい。

 

というようなことを語っていましたが、メンバーやバナナマンさんたちにはあまり伝わらなかったようです(笑)

これだけを見ていると、なんか変な宗教っぽい感じもします。

 

 

そのためか、プレゼンの終了後に設楽さんが「周りの大人はちゃんと見ててあげてください」と締めていました。。。

 

熱弁が認められ、なんとジョーさんが優勝

こうして、一生懸命熱弁したジョーさんでした。あとは結果を待つのみです。

そして優勝者が発表の場面になり、優勝したのはなんとジョーさんでした!

(もちろん、バラエティ番組ということを踏まえて検討した結果であることは言うまでもありません)

 

ジョーさんは、この優勝は「引き寄せの法則」を使った結果が出たと大満足でした(笑)

 

その後の活動については、人それぞれ思うところはあると思いまうが、ソロで外舞台出演したり、映画のコラムで連載を持ったりなど、あまり目立たないものの、着々と結果は出ているのかもしれませんね。

「引き寄せの法則」を使ったかどうかはわかりませんが。

 

もともと、舞台で活躍する人になりたいと言っていたジョーさんですから、周りに惑わされることなく、自らの夢に突き進んで欲しいですね。