【櫻坂46】齋藤冬優花が不人気から脱するには開き直りしかない

欅坂から櫻坂46に改名してから、2期生などを前に出そうとして遠慮しているのか、最近のふーちゃん(齋藤冬優花ちゃん)が大人しくなってるように見えます。

欅坂の5年間は外からの声など色々と悩まされて苦しかったのでしょう。

最近では表情などにも疲れが見えて痛々しく感じることもありました。

でも櫻坂として活動を続けることにしたなら、もう開き直るしかないのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

櫻坂でのふーちゃんはとにかく声出すことから始めた方がいい

櫻坂46に改名して、出演しているテレビ番組も「そこ曲がったら、櫻坂?」に変わり、メンバーの中には新しいキャラに生まれ変わろうと頑張っている子もいます。

ペーちゃん(渡辺梨加ちゃん)もポジティブキャラを目指し、理佐(渡邉理佐ちゃん)もぶりっ子にチャレンジするなど振り切っています。

せっかくの機会なので、ふーちゃんもここで振り切ってしまえばいいのです。

声を出すとうるさいと言われていたかもしれませんが、ガヤは大事なので、そこは恐れずにどんどん前に出ればいいのですよ。

あとは、どうしても強気なキャラだと誤解されてしまうこともあるので悩んでいるようですが、いっそのことヘタレキャラを目指すのもアリかもしれません。

見た目とのギャップもあるので、そこから化学反応が起こるかもしれません。

時間が過ぎるとタイミングを逃してしまうので、今のうちに失敗を恐れずなんでもやってみるのがいいのですよ。

もしかすると、そこから注目されて不人気から脱出できるかもしれません。

スポンサーリンク

 

ふーちゃんも新しいグラビアにチャレンジしてほしい

7月終わりに出た「IDOL AND READ」の裏表紙グラビア以来、雑誌に登場する機会がないふーちゃんですが、そろそろ新しいグラビアもみたいですね。

グループ名が変わったことだし、少しカワイイ系にチャレンジするのもアリかも。

スポンサーリンク

 

ふーちゃん最近のオフショ画像

おしまいにふーちゃん最近のオフショット画像を。

 

仲の良かったしーちゃん(佐藤詩織ちゃん)も卒業して寂しくなってしまいました。

色々周りに気をつかってしまい前に出られなくなってる感じですが、今のうちは遠慮せずにグイグイいった方がいいでしょう。

せっかく櫻坂にいるのですから、チャンスはこれからです。