【乃木坂46】寺田蘭世の卒業発表漏れは計算なのか単なるヘマなのか?

スポンサーリンク

2021年の乃木坂は卒業ラッシュが続いています。

2期生からは先日純奈(伊藤純奈ちゃん)とみり愛(渡辺みり愛ちゃん)が卒業したばかり。

そこからすぐに、まさか蘭世(寺田蘭世ちゃん)までもが・・・。

しかも今回は事前に漏れてしまって、なんとも不憫です。

が、これはわざとなのか、スタッフの単なるヘマなのでしょうか。

スポンサーリンク

意外なことで漏れてしまった蘭世の乃木坂46卒業

形的には突然の発表なのですが、実は数日前に意外な形で卒業が漏れ伝わってしまいました。

今回は28枚目シングル「君に叱られた」の特典映像で発表されたのですが、本来なら公開される9月17日(金)が公式に伝わるはずでした。

ところが、シングルの収録曲が2日前くらいに解禁され、そこに「Documentary of Ranze Terada」のタイトルが入っていました。

これをみたファンから、蘭世が卒業なのかと瞬く間に広まってしまいました。

 

シングルの特典映像でメンバー個人のこういう内容を掲載することはありませんので、これは卒業に違いないと考えるのは当然です。

 

でも、運営側だってこんなのを出せばファンに感づかれるなんてことはわかりきってるはずです。

果たしてこれは単なるスタッフがそこまで気が回らなかったのか、あるいはショックを和らげるためにわざと公開したのか?

考えれば考えるほど謎です。

 

ただ、公開された特典映像のテロップの誤植は本当にヘマしたのでしょう。

これはアカンやつ、蘭世に土下座して詫びないといけませんね。

スポンサーリンク

蘭世ラスト楽曲参加はアンダーセンター

蘭世が乃木坂最後となる楽曲参加はアンダー曲の「マシンガンレイン」になります。

もしかすると、最後は選抜入りして終わりたかったかも知れませんが、蘭世にはこういう曲の方が似合ってます。

しかもセンターでしっかり有終の美を飾れたので、これでよかったのかもしれません。

どうも最近の乃木坂の表題曲は変な感じなので、あまり聞きたいと思えないものが続いてます。

康氏ももっと王道で攻めれば良いのに、どうも悪い方に道をはずす悪癖があるようで。

そろそろ康氏の手から離れてもいいかなと思ってしまいます。

スポンサーリンク

蘭世のソロ写真集もやはり乃木坂卒業記念なのか

蘭世がソロ写真集を出すというのは、結構びっくりしたのですが、やはり卒業が絡んでいたのですね。

こういう形ではありますが、良い作品に仕上がっていることでしょう。