【欅坂46】真っ白なものを汚してみたら、逆に鮮やかになっている!

スポンサーリンク

欅坂の夏の全国ツアー「真っ白なものは汚したくなる」。

このあいだの幕張で、全日程が終了しましたね。

私は結局観に行けなかったのですが、ファンの感想などを見ると、賛否両論ありながらも、衝撃的だったのは間違いないですね。

ライブが終わり、少し落ち着いたところで、メンバーもライブの感想を述べ、それぞれがいろいろなことを感じているようでした。

 

真っ白なブラウスが最後には鮮やかに

さて、このライブでメンバーがオフショットをたくさんあげてくれておりますが、ツアーが終了して、このショットが多く上がるようになりました。

 

こちらはねる(長濱ねるちゃん)ですが、観てほしいのは衣装の方です。

これは、確か最初は真っ白だったはずです。

そう、こんな感じで。

 

これは、以前も同じようなパターンがありましたね。

確かハロウィンの時に、元の衣装を血まみれにアレンジしたものが!

そう、これこれ!

 

衣装を汚すのは、もはや欅ちゃんの伝統芸になりつつありますね(笑)

 

汚れてしまった衣装を一挙に放出!

では、どーんと並べてみましょう!

最後にてち(平手友梨奈ちゃん)が出てきてホッとしました。

 

でも、ハロウィンの時の血のりと違い、今回は赤・青・黄色のペイントですので、ちょうど良い具合に綺麗になるのですよね。

これはこれで、鮮やかでいいですね。

 

同じバージョンのTシャツもあるのですが、こちらは最初からこういうデザインで作られたのですね。

 

う〜ん、やはり観にいきたかったですね。

早く円盤化(DVD・ブルーレイ)が発売されることを願います。

 

 

 

ずーみん(今泉佑唯ちゃん)が復帰してよかったです。

完全復活はまだ先でしょうが、早くテレビで元気な姿を見たいものです。